北区十条台地域包括支援センター
トップページ > 北区十条台地域包括支援センター > 北区十条台地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/08/10 17:00

ささえあい交流会 に 参加してまいりました!

 

北区社会福祉協議会では

「地域ささえあい活動」を行う団体の方々をサポートしています。

 

地域ささえあい活動とは

地域に住んでいるみなさんが

お互いに励まし合い、ささえあって

地域を元気にしていくための活動です。

 

今日は その「地域ささえあい活動団体」の皆様が集まる

「ささえあい交流会」が岸町ふれあい館にて開催され

私も、参加してまいりました!

約50名の方々がお集まりになり、

9つのグループに分かれて

日ごろの活動のことや、運営にあたってのお困りごとや

「やっていてよかった」と思ったことなど

たくさんのお話をしました。

北区社会福祉協議会の皆様の手作りのサイコロ!

こちらの目に 質問が貼られていて

出た目によって テーマを決めます。

サイコロ・トークです♪

 

私の入らせていただいたグループでは

傾聴ボランティア・手芸サークル・肢体不自由児者の父母の会

手のひら健康バレー・太極拳

そして いつもお世話になっている介護予防リーダーの会

・・・・様々な活動団体の方々がいらっしゃいました。

 

皆様 とても熱心に活動されていて、

でもけっしてがむしゃらな感じではなく

肩の力も抜け、自然体なのです。

すてきだなあ・・・と思いました。

 

「皆さんが、活動を続けてこられているのは

なぜだと思いますか?」と

その活動の原動力・理由をお尋ねしたところ

以下のような答えが挙がりました。

 

*すてきな仲間がいるから。

*その仲間たちと共鳴できるから。

*仲間たちから元気をもらえるから。

*達成感があるから。

*周りのみんなから支えられているし、

私もまた、他の方にアドバイスをして支えることができているから。

・・・・・ふーむ、なるほど、という言葉ばかりでした。

 

「『ボランティアって何?』って、社協の方に聞いたことがあったのね、

そのときに『自由よ!』と言われたの。

本当にそうだと思いましたよ。

誰かにいわれるわけでなく、強制されず、自分でやるの。

仕事でも、家事でもなく、義務ではない。

でも、何より楽しいのよ!」とお話してくださったM様。

 

ご主人は、はじめは活動を行うことをよく思っていなかったそうですが、

その活動を行うM様が、キラキラ・いきいきとしている姿を見て

考えを変えて、今ではご主人様も活動されているとのこと。

ささえあい活動って、よい意味で「伝染」するものなのかもしれません。

 

一方、最近の傾向として

「情報を得たいなら、サークル等の活動に入らなくても

ネットで検索できるからいいわ」とおっしゃる方も多くなってきた

との話もありました。

「でも、やっぱり、人と人との顔のつながりが大事よね・・・」と

しみじみと話しておられました。

「まずは、家から一歩出る事が大切!」と

おっしゃる方もいらっしゃいました。

 

そして、今日もまた、この「ささえあい交流会」で

様々な人と人とのつながりが生まれましたね!と

皆でお話したのでした。

 

2時間弱の短い時間でしたが

とっても中身の濃い会でした。

 

外は、にわか雨が降りましたが

会が終わってからも

あちこちでおしゃべりが弾んでいるあいだに

雨はやんでいて、

空は晴れわたっていました。

私は、皆様からたくさんのパワーを頂き

晴れ晴れとした気持ちで自転車を走らせて帰ってきました。

 

本日、お話をさせていただいた皆様

また、この会を開催してくださいました

北区社会福祉協議会の皆様に

心よりお礼申し上げます!

ページの一番上に戻る